メルマガ配信等の事例も|マーケティングにはオートメーションを活用

情報共有ツール

紳士

営業状況を共有できる

営業活動をスムーズに行うのに便利なツールが営業支援システムです。営業活動といえば一般的に書類やパンフレットなど営業に使用する書類を持ち運ぶことが多かったのですが、最近では、パソコンやタブレットなどの情報端末を持ち歩き、身軽に営業する形が一般的になっています。通信できるようにすることでいつでもどこでも情報を得ることができるのがメリットになります。顧客先に入る前に最新情報を確認する事や、ちょっとした空き時間に他の顧客からのメール対応を行うなど今までは、社内に戻ってから行っていた活動をリアルタイムで行う事ができるようになり、効率化を図ることができます。営業支援システムは、顧客管理情報も同時に蓄積できることが強みになっています。営業日報など顧客情報は、社内で整理して上長へ提出することが一般的なのですが、営業支援システムを利用することで、顧客先を出た瞬間に営業状況を報告できるなどのメリットもあります。いつどこに訪問したのかを履歴として登録することができ、またメンバー全員でその情報を共有することも可能なのです。営業支援システムは、営業部隊の規模が大きいほどその効果を得ることができます。大企業では、営業先がぶつかり合う事もあり、これらを制御することは大変な作業でした。しかし企業ごとの担当をシステム上で明確に振り分けることができるようになるため、ミスすることも少なくなるのです。また、営業上、受注した案件を製造ラインに速やかに連携するなど社内業務にも貢献します。